スラムダンクに出会わなかったあたしは一体どうなっていただろう。

スラムダンクに出会ってなければ、自分は今のような生活を送る事はなかっただろう。
こういう戯画がスタートしたのは我々がまだ小学校の時の話です。
我々がいた小学生には夫のバスケットボール組はなく、夫はサッカー、女性の方達はバスケと組が決められていた。
始まった時、桜木花道ははじめ者だった。
そういう主人と共に自分のバスケ人間生録はスタートするのである。
小学校にして大人間のチームに参加する素因ができ、各週のバスケが面白くなった。
そのままの場合学でもバスケを継続した。
ハイスクールでもバスケを続けた。
戯画と現実には強敵差があったように想うが、各週発行される少年ジャンプでもスラムダンクだけは欠かさずに読んだ。
スラムダンクはテクニカルにも厳しく表現されて認識養成にもなったのだろう、よむたびに糧が上がった。
スラムダンクがファイナル回を控える時、自分はハイスクール三年になっていた。
部活休業のチャンスです。
スラムダンクで描かれた山王工業は、我々のハイスクールバスケ界での能代工高だった。
自分はそういう強豪とはかけ離れた弱小ではあったが、激しいディレクターのもと強敵締め上げられたハイスクールライフだった。
自分たちのカテゴリーでの能代は強すぎて、能代を倒れる組織は現れる事業無く絶頂に君臨し続けたが、小学生の時から共に過ごしたスラムダンクの世界では湘北ハイスクールが神さまの逆襲征服を起こした。
最後の桜木と流川の無意識のうちに行われた(であろう)高タッチには涙したものだ。
その感動を失う事はなく、今でも時折スラムダンクを読みたくなる。
あれから15年以来経っているが、、、我々はスラムダンクのおかげで今でもチームでバスケを楽しんでる。
もうすっかりオヤジになって、子供たちがプレーするようになったが、それでも今も成長している。
若い子たちにもぜひ読んでほしいと想う最初冊です。シェイクダイエットって実際どうなの?