クッキングお父さんって過去にテレビジョンでも放映されたほどの人間意思マンガの一つです

料理男性は、我々が子供の内から連載されておりTV漫画にもなっています。知らない人の方が少ないんじゃないかというくらい有名なコミックですが、私は子供の内は、こういうコミックに何のキモチもありませんでした。掴む機会があっても、不要と当てはまる科白の無いコマが多かったり激動の促進があるわけではない。いたって普通の、常々を描いた平凡なコミック。というのが10代の頃にこういうコミックに持っていた思い込みでした。
そのような見解方が変わったのは共稼ぎで調理を出し、子供が出来上がり、がしてからだ。それまでは調理を適当に作ってあり「食べられれば素晴らしいや」という見解でしたが、家族の分も決めるからにはせめて美味しいもの、ルックスの望ましい手法という理念が芽生えました。そこで、何かの付け足しになればと思い古本屋で料理男性を立ち読みしていたら以前は、不要と映るコマや科白の乏しいタイミングにも多くの意味が秘められて掛かることに気付きました。またはメイン人公の荒岩実家に子供が出来上がりゆっくりと成長して行く容貌に自分の家族を突き合わせました。こういうコミックの良い点や人気のプライベートに気付いてからは、古本屋でゲットをしては収集しています。
劇的に何かが変わったということは、ありませんがそれでも私の人ライブに影響を与えているコミックの一つに変わりはありません。子供が成長したらぜひ読ませたいと思います。多分、つまんないコミックだと思われるでしょうが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です